AKC Info BLOG

C1500 ステアリングがた!

カテゴリー:カスタム・修理 akc

こんにちは♪

盛岡店アカマです!

盛岡でも本格的に雪が降ってきましたね~。

皆様くれぐれも運転にはお気をつけ下さい。

今回は、’91 シボレー C1500のステアリングのガタツキ修理です。

症状としては、ステアリングがガッタガタになります。

凄まじくガッタガタになります。

先に原因を言いますが、「原因はチルト部のボルトが緩んでいる。」

それだけなのであります。。。

GM車で以前から使われているステアリングコラムに良く見られる症状です。

まずボスを外しステアリングロックプレートを外します。

ちょっと飛びましたが、下の白いプラスチックを外します。

ウィンカーなどの機構です。

原因のボルトはまだ奥です。

 

やっと見えてきました。

この部分のトルクスのボルト4本が緩むんです。

画像でも分かるくらい緩んでいますね。

修理方法はゆるみ止めを塗り締めこみます。

締めすぎも注意です。